公益社団法人 全国珠算学校連盟 / 公益社団法人 全国珠算教育連盟 / 一般社団法人 日本珠算連盟

全国珠算教育団体連合会

  • たのしいそろばん

    たのしいそろばんサイト

  • たのしいそろばん

    動画教材サンプル

現在、小学校3・4年生の授業で使用している「たのしいそろばん」のテキストは、本サイトからダウンロードして小学校や教育機関で活用していただいております。

今回、新たに「たのしいそろばん」のテキストに従った「動画教材」が完成しました。

この動画教材は、授業中に映像を再生するだけで小学校で学ぶ「そろばんの初歩指導等」を、先生と児童が一緒に楽しく学習できるようになっています。オンライン学習(映像学習)のため、児童は教室でも自宅でも学習することができます。

その他、テキストにある、そろばんの歴史やおもしろいそろばんは、2限目で学習できます。大きな数や小数、簡単なおつりの計算は、3限目で学習できます。ぜひ、ご覧ください。

 

◆使用上の留意点◆

この動画は、「たのしいそろばん」のテキストに従って作成されています。こちらから「たのしいそろばん」のテキストをダウンロードしてください。

① 動画(各時限)は、20分前後で構成されています。
② 画面を見るときは、音1(ピロピロピロピロ)がなります。
③ 一緒にはじくときは、音2(ピロリン)がなります。
④ 画面にテキストの問題を解く指示(青い指示画面)が表示されたら、映像を止めて問題にチャレンジしてください。
※テキストの問題を解く時間も必要なため、小学校の45分授業で使用できるような目安になっております。

スマートフォン、パソコン、タブレットなどのインターネットにつながる媒体で、視聴することができます。教室のICT機器に接続して、より学びやすい環境を整えていただければと思います。パワーアップしたこの動画教材をさらに有効に活用していただければ幸いです。

2021年(秋)たのしいそろばん(小学校用副教材)制作チーム

会長あいさつ

工藤壽和

 本連合会は、我が国の学校教育における珠算の発展に寄与することを目的として発足しました。

 さて、令和2年4月実施の小学校学習指導要領の算数では、3年生と4年生の「数と計算領域」で「そろばん」が位置づけられています。また、小学校学習指導要領解説算数編の、思考力、判断力、表現力等で「そろばんの仕組みに着目し、大きな数や小数の計算の仕方も考えること」と記されています。

 このように、そろばんを計算するための道具から、数を深く理解するための学習具としても活用することが期待されています。そろばんは、数を玉に表したり、動かしたりするだけでも数の概念や十進位取り記数法の理解を深める重要なツールとなり得るものといえます。

 予測が困難な時代のなか、持続可能な社会の実現に向けて明るい未来の担い手となる子供たちの「生きる力」の育成に、日本の伝統文化の一つである「そろばん(珠算教育)」を通じて、これからも効果的な授業の在り方等の研究に取り組んでいきます。

TOP